静岡のお茶と和菓子

静岡のお茶「かけがわ」と、静岡の銘菓 安倍川もち。
安倍川もちは、きな粉に白砂糖をかけたもの。

江戸時代にはとても貴重だった白砂糖を使用していることから
東海道の名物となり、徳川吉宗も好物だったそう。

かけがわ茶の産地である掛川市は、良質なお茶の産地として知られており、
水色が明るくやわらかなのどごしの深蒸し茶は、あんことの相性もぴったり。

安倍川もちと「かけがわ茶」で、静岡の2つ味を一緒に楽しんでみませんか。

関連投稿