端午の節句

5月5日は端午の節句(子どもの日)

旧暦で、午の月は5月にあたります。
「端午」の「端」は始め・最初を意味しているため、5月の最初の日を節句として祝っていたそうですが、
のちに「午」と「五」が同じ発音だった5が重なる日5月5日が『端午の節句』になりました。

端午の節句には、昔から菖蒲が厄除けとして使われていました。
菖蒲は、「尚武」や「勝負」の同音ですので、
男の子の節句の際に使われるようになりました。

菖蒲湯の菖蒲と花菖蒲はまた、別の種類ではありますが、
この時期ならではの、練り切りのひとつ。
この季節に味わいたい『鹿児島県産 新茶 山本山』と一緒にいただいてみませんか。

関連投稿