海苔の日。

海苔はかつて、価値の高い食品とされており、年貢の対象産物とされていました。
その歴史を踏まえ、大宝律令が制定された2月6日を
全国海苔貝類漁業協同組合連合会が「海苔の日」と定めたそうです。

パリッとした海苔が主役の海苔せんべい。

山本山の海苔せんべいは、
海苔の中に薄焼きのせんべいが隠れている。

海苔の風味とおせんべいの香ばしさが
ふわっと口の中に広がり、丁寧に味わいたくなる一品。

甘いものが苦手な方への贈り物にもぴったり。

関連投稿